スーパーカブ70(1969年1月発売)

スーパーカブ70(型式:C70)は、1969年1月発売。
スーパーカブ50用49ccエンジンをボアアップさせた72ccSOHCエンジンを搭載する。

1998年12月に発売された1999年モデルを最後に製造終了。

ホンダスーパーカブC70 66,000円 1969年1月7日
ホンダスーパーカブC70M 73,000円 1969年1月7日

C70とC70Mの違いは、C70Mの方にセルがついていることです。
装備が豪華になり、安全性と扱いやすさを備えています。
原付に自動2輪の中量級のパワーをプラス。
最大出力6.2馬力で粘り強いトルクで坂道でも力強い走りをします。
荷物が多い商用にも十分な耐久性を持ち、2人乗りでも高い機動力を発揮します。

スーパーカブC90で人気のポジションライトがフロント中央部分に設置されています。
前照灯スイッチと連動していて、 雨や薄暗いときの走行に、前面からの位置確認がしやすくなりました。
大型ウインカーやヘッドライトなども配光を特に考慮して安全性を高めています。

暗いところでホーンボタンを押すとキイライトが点灯し
ウインカーがハンドルロック部を照らすので暗くても鍵穴がはっきりとわかります。

荷台も大きくなり、サイドスタンドもつけられました。
リアとフロントのクッションはオイルダンパー式を採用しているので乗心地がよくなりました。





スーパーカブ70(型式:C70)の仕様


排気量(cc)
72
最高出力(ps/rpm)
6.2/9,000
最大トルク(kg・m/rpm)
0.53/7,000
最高時速(km/h)
85
燃費(km/l)
85 (時速30km時)
登坂能力(度)
18.5
全長x全幅x全高(m)
1.795×0.64×0.975
乾燥重量(kg)
72
車体色
エレファントグレー・ターフグリーン







スーパーカブ70(型式:C70)の動画