スーパーカブC100(1958年8月発売)

スーパーカブC100は、
1958年8月発売の50ccOHVエンジン搭載モデルです。

スーパーカブの名称は、
カブ号に比べて、性能面でも使い勝手でも良い
スーパー版と考えられスーパーカブになった。

スタイリングは、スリム化と合理化が求められ
エンジンやチェーンやワイヤーなどは、
全て見えないようにされている。

ボディのカラーは、明るいブルー。
人が海や空を見慣れているという理由から。

燃料タンクは、本田宗一郎の提案で
タンク自体をシートベースに使っている。

スリムな車体にするために
リアサスペンションがリアフォークより内側に取り付けられている。

シート高も本田総一郎が自ら座り、高さが決められた。
そしてタイヤサイズも車体にあうタイヤサイズが求められ
当時の日本にはない、17インチタイヤが使われた。

エンジンは、OHV(オーバーヘッドバルブ)方式が採用され、
最高出力の4.5馬力は、当時の標準的なモデルに比べて倍近い数字だった。

クラッチは、ギアチェンジペダルを踏み込んで
ギアを入れると同時にクラッチが切れる構造だった。

スーパーカブC100の仕様


全長x全幅x全高(m)
1.780×0.575×0.945
ホイールベース(m)
1.18
最低地上高(m)
0.14
最小回転半径(m)
1.7
車両重量(kg)
55
乗車定員
1人
定地走行燃費
90.0km/L(30q/h)
エンジン型式
空冷4サイクル単気筒OHV
総排気量
49cc
内径x行程(mm)
40×39
圧縮比
8.5 : 1
最高出力
4.5ps/9,500rpm
最大トルク
0.34kg・m/8,000rpm
点火方式
高圧電気点火
点火プラグ
10mm単極(C7H)
潤滑油容量
0.6L
潤滑方式
オイルスプラッシュタイプ
燃料タンク容量(L)
4.3
蓄電池型式
MBC1-6(6V-2A)
最高時速
70km/h
制動距離
初速25km/h 5m以下
クラッチ型式
湿式多板自動遠心型
燃費消費量
90km/l (時速30km時)
変速比 1速
2.69
変速比 2速
1.45
変速比 3速
0.96
タイヤ寸法(前)
2.25-17
タイヤ寸法(後)
2.25-17
ブレーキ型式(前)
右手動内拡式
ブレーキ型式(後)
右足動内拡式




スーパーカブC100の動画